忍者ブログ

松浦 巽◆お試し読み

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

息子と俺とマイダーリン


装丁/舩木渡 さん

BL短編小説。コメディ。
バツイチでゲイの香坂太洋は、高校生の息子・勇樹と2人暮らし。父親の事情に理解のある勇樹だが、太洋が新しい恋人の橘を紹介すると、なにやらいつもと反応が違う。
息子よ、まさかおまえもか……!?
親として、男として、千々に心乱れる太洋のコミカル(本人は真剣)ラブ。



▼お試し読み▼


「げひょひょひょひょひょひょひょひょひょひょひょ!」
 突然耳元で炸裂した奇声に、香坂太洋は飛び起きた勢いでベッドの下まで転がり落ちた。
「うわっ! な、何だっ!?」
 サイドボードの上をあたふたと手探りし、見つけた眼鏡をかけて、ようやく声の発生源を確認することができた。
 同じサイドボードの上に、見覚えのないモンスターのぬいぐるみが鎮座していた。よく見ると腹部がアナログ時計になっている。目覚まし時計のようだ。
 試行錯誤のすえ、どうにかアラームを止めることに成功すると、太洋はそれをつかんだままキッチンに駆けこんだ。
「勇樹! これはなんの真似だっ!」
「あ、おはよう、父さん」
 焼きあがったパンをトースターから取り出しながら、息子の勇樹が平然と振り返った。



 橘和哉とは、そこで知りあった。太洋より一つ年上の社内SE。太洋と同時期に、担当業務の責任者になった男だ。
「――では、そういう方向でお願いいたします」
「承知いたしました」
「ところで香坂さん、このあとのご予定は? よろしければ、いっしょに昼でも」
「いいですね、ぜひ」
 ほかの社員の手前、まじめくさった顔でやりとりしていた二人だが、会社から離れて安全圏に入ったとたん、ほとんど同時に吹き出した。
「危ない、もう少しでぼろが出るところだった!」
「商談の最中に、あんなことするからだよ!」
 子供のように小突きあいながら、よく利用する寿司屋に入る。完全個室制で、値段もリーズナブルなのが売りの店だ。
 メニューを決め、太洋がインターフォンで注文していると、背後に忍び寄った橘がちょっかいをかけてきた。耳元に息を吹きかけ、唇を押しあてて、耳朶に軽く歯を立てる。
「冗談抜きで、やめろ」
 受話器をしっかりかけてから、太洋は絡みついてくる橘の腕を振りほどいた。
「防犯カメラがあったらどうするんだっ」



 駅まで橘を迎えに行き、戻って自宅マンションの玄関ドアを開けた瞬間、太洋は時間がとまったような錯覚を起こした。
 勇樹と橘の動きがとまったように見えたからだ。
「はじめまして、橘と申します」
「勇樹です、はじめまして」
 一瞬ののち、二人は何事もなかったように挨拶を交わし、勇樹が先に立ってダイニングキッチンへと向かう。
 ――なんだ? いま何か……?
 違和感に首をかしげながら太洋はドアに施錠し、あとを追ったが、着いてみると二人はなごやかに談笑していた。



 太洋には、それが少しおもしろくない。
 橘の前では、勇樹の態度が違ってみえた。来客に対するよそゆきのそれではない、太洋に対して見せるのとはまた別の、少なからず親しみのこもった態度。
 橘は橘で、勇樹を見る目つきがやけにやわらかい。
 何より、二人が話しているところに太洋が通りかかると、その場の空気がさっと変わる気がした。まるで、見られては困るものを隠したように。聞かれては困る言葉を呑みこんだように。
 ――ばかだな。考えすぎだ。
 息子と恋人がうまくやっているのは、むしろ歓迎すべき状況だ。隠れてこそこそ会う必要はないし、どちらが大事なのかと選択を迫られることもない。三人で同居することになっても、きっと二人とも気にしないだろう。
 だが――。
 あるとき太洋は見てしまった。



「何もないって言ってるだろう!」
 勇樹の名前を耳にしたとたん、思わず声を荒らげてしまい、太洋は自分でも驚いた。目の前では橘が、初めて見せるような呆然とした表情を浮かべている。
「ごめん。疲れてるんだ」
 太洋は橘を押しのけ、逃げるように部屋をあとにした。



「起きたみたいだよ」
 勇樹の声が聞こえて、太洋ははっと覚醒した。
 自宅のダイニングキッチンだった。テーブルの向かいに、勇樹と橘が並んで腰かけている。
 そこでようやく、自分の手足がガムテープで椅子に縛りつけられていることに気づいた。
「わわっ! な、なんだこれは! おまえたち、お、俺をどうするつもりだっ!?」
 《息子と父の愛人、父を謀殺》、《不倫のすえに父殺害》、《父と愛人と息子のただれた三角関係》……ワイドショーのテロップが走馬灯のように脳裏を駆けめぐり、太洋はどっと冷や汗をかいた。


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ブログ内検索

プロフィール

HN:
松浦巽
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
BL小説書き
Twitter◆natsu_matsu
pixiv◆3644536

最新コメント

P R

バーコード

Copyright ©  -- 松浦 巽◆お試し読み --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]