忍者ブログ

松浦 巽◆お試し読み

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月のマヨイガ

BL風短編プチ冒険小説。Hシーンはほんのり程度。
pixivにも別バージョンのお試し読みあり
わけあって追われる身の狼人間・士郎は、山奥の廃屋で、鈴木と名乗る謎の男にかくまわれる。2人は急速に惹かれあうが、それぞれに事情があり――。

▼お試し読み▼


 懐中電灯を持った男たちが行ってしまうと、岩陰の窪みに身を潜めていた獣がそっと立ちあがった。
 三角形の立ち耳に、房状の長い尾。厚い被毛は月の光を受けて銀色に輝き、長い口吻の付け根にある2つの目は、動きに合わせて黒曜石のようにきらめく。犬に似ているがわずかに違う――狼だ。
 灰色の狼は歩きだそうとしたが、力が入らないようでふたたび座りこんだ。
 と、その体に奇妙な変化が現れた。
 全身に波打つような痙攣が走ったかと思うと、筋肉や骨がみるみるねじれ、飴細工のように伸縮しはじめる。
 骨格のバランスを変えながら四肢が伸びた。尾が縮んで、見えなくなった。首と口吻が短くなり、頭部が隆起して耳の形が変わった。
 同時に、全身を覆っていた密毛が体内に吸いこまれるように消え、小麦色のなめらかな皮膚が現れる。
 岩陰にしゃがんでいるのは、いまや1人の裸の青年だった。
 黒い髪に黒い目。口元のひきしまった精悍な顔立ち。まっすぐな鼻梁が、狼のおもかげを残しているようにも見える。
 地面を踏む音が間近に聞こえ、青年ははっと身を硬くした。



「――近くにコンビニが?」
 荒廃した景色には不釣り合いな品々に意表を突かれ、士郎が最初に発した言葉はそれだった。
「車で1時間も行けば街に出る。ほら、着るものも買ってきたぞ」
 男は気にしたふうもなく答えると、別の袋を放ってよこした。中には下着が数枚とスウェットの上下、それにスポーツシューズまで入っていた。
「まずは腹に何か入れろ。あとで風呂も沸かしてやる」
「風呂?」
「この家には薪の風呂があるし、近くに井戸もある。さすがに電気はないが、こう見えてけっこう文化的な生活ができる」
 長逗留しているような口ぶりに、士郎は遅ればせながら疑念を覚えた。そういえば昨夜も、隠れ家という言い方をしていた。この男は何者で、ここで何をしているのか。



「生粋の日本人じゃないな」
 士郎の少しエキゾチックな鼻すじをなぞりながら、鈴木が言う。
「東南アジア系か?」
「たぶん」
 荒い息の下から、士郎は答える。
「最後にいたのは、ベトナムだったらしい」
「最後って?」
「どこで生まれたのかわからない。あちこちたらいまわしにされて、10歳ぐらいのとき日本人の養子になった」
「奇遇だな。俺も、親の顔は知らない」



「――もう一度檻に入ってもいいと思うほどの意味だって?」
 士郎は無言で微笑を浮かべた。窓ガラスにこちらを向いた鈴木の顔が映り、目と目が合う。
「檻になんか入れさせるものか」
 鈴木は怒ったように言うと、前に向き直ってアクセルを踏みこんだ。


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ブログ内検索

プロフィール

HN:
松浦巽
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
BL小説書き
Twitter◆natsu_matsu
pixiv◆3644536

最新コメント

P R

バーコード

Copyright ©  -- 松浦 巽◆お試し読み --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]