忍者ブログ

松浦 巽◆お試し読み

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

君の傷痕

中編小説。ちょっと三角関係。
pixivに別バージョンのお試し読みあり
傷痕フェチの緒方は、右腕に大きな傷痕のある消防士・北川と知りあう。たびたび出くわすうち、互いの人柄に惹かれ、急速に親しくなっていく2人。そんなある日、北川の旧友・水瀬が現れ――。

▼お試し読み▼


 いまの自転車にぶつかられたのだろう、一人の男が歩道にしゃがみこんで、散乱した荷物を拾い集めていた。長袖のTシャツにジーンズという軽装。ショーウィンドウの明かりに照らされた顔はまだ若く、緒方と同年代に見える。伸ばした右手には、手の甲から袖口まで広がる、ひきつれた傷痕。
 それを見た瞬間、緒方は男に近づいて声をかけていた。
「手伝いますよ」
 男は驚いた顔を見せたが、拒まなかった。
「すみません、ありがとうございます」



 そうこうするうちに、防火服に身を包んだ消防士たちが、ホースを巻きながらポンプ車の方へ戻ってくる。
「あっ」
 一人の消防士が、ヘルメットについた首の保護布を開き、目元のシールドを上げたのを見て、緒方は小さく声を上げた。
 ――あの人だ。
 怒っているようにも見える、きまじめな顔つき。声をかけるのがためらわれるような、冷たく澄んだ瞳。
 明るいところで見るのは初めてだったが、あの男に間違いなかった。



 傷痕にすっかり魅せられている緒方の様子を見て、男は逆に問いかける。
「ずいぶん熱心に見ているけど、何か特別な理由でも?」
「あっ、すみません!」
「別れた恋人に、傷痕があったとか」
「えっ? いや、そういうわけではっ」
 当たらずといえども遠からずな指摘に、緒方はうろたえ、思わず顔を赤くした。
 男はまた目を見開き、口角を上げて初めて笑顔を見せた。
「いや、よけいな詮索はしません。これでおあいこですね」



「もともと、飼うつもりはなかったんだ。前のアパートの近くで、弱っているのを見つけて。貰い手が見つからなかったから、自分で飼うことにして、ここに引っ越した」
「えっ? 猫のためにわざわざ?」
「しょうがないだろ。家をあけている時間が長いし、苦情が来たら困る」
「丸一日いなくても、平気なのか?」
「水と餌をたっぷり置いておけば大丈夫。留守にした分、翌日はずっといるし」
「にゃあ」
 食べおえた猫が相槌を打つように鳴いて、緒方の足元にすりよってきた。おっかなびっくり撫でてやると、膝に飛び乗って毛づくろいを始めた。
「チビが人になつくのは珍しい」
「へえ、そうなんだ」
「同僚を泊めたときには、どこかに隠れてしまって出てこなかった」
 自分以外にも泊めてもらった人間がいると知って、緒方はなんだかがっかりした。



 向きを変えて階段を上がろうとした緒方は、段の陰に何か落ちているのを見つけた。
 高級そうな蓋つきのペン――万年筆だ。いまの男のものにちがいない。
 緒方は慌てて男を追いかけた。すでに視界から消えていたが、角を曲がると、幸い、大通りへ向かう後ろ姿が見えた。
「すみません! 落とし物ですよ!」
 大声で呼ぶと、男は気づいて振り返った。
「これ、あなたのじゃありませんか?」
 追いついて万年筆を見せると、男は胸ポケットに手をあてて、はっとしたような表情を浮かべた。
「あ、そうです。すみません。わざわざありがとうございます」
 言葉遣いが一つ一つ丁寧で、やはり品のよさを感じる。
 緒方は好奇心に勝てず、質問した。
「あの、失礼ですが……北川――さんの、お知り合いですか?」
「え――」
「や、すみません。たまたまちょっと、会話を聞いてしまったもので」



「なんだよ。ずいぶんあいつの肩を持つんだな」
「別に、そういうつもりじゃ」
「飴玉でももらって、買収されたのか?」
 そう言った北川の目が、何かに気づいたようにはっと身開かれる。
「もしかして――あいつの傷を見たのか?」
「え?」
「見たんだな?」
「あ、ちらっとだけ――」
 がたがたっと激しい物音がして、驚いたチビが一目散に奥へと逃げていった。
 北川が立ちあがった勢いで、椅子が後ろに倒れたのだ。
「そうか……そういうことかよ……」
 初めて見る北川の怒りの形相に、緒方はつかのま息をすることも忘れた。
「あいつの傷痕を見て、あいつに惚れたのか。だから、俺の荷物を拾ったように、こんどはあいつのお使いをするってわけか。まるで、餌をもらえばだれにでも尻尾を振る野良犬だな」



 咳をしながら、緒方は体をひねって、床に顔を押しつけるようにした。有毒ガスは天井からたまり、下の空気のほうがきれいだと聞いた覚えがあったからだ。
 建物火災での死因は、火傷よりも、一酸化炭素中毒や窒息のほうが多いという。どちらもぞっとしないが、長時間火で炙りつづけられるより、呼吸ができなくなって早めに意識を失うほうが、ましといえばましかもしれない。
 そうは思っても、緒方はまだ諦めるつもりはなかった。
 北川に、まだ訊いていないことがある。昨夜のキスは、どういう意味だったのか。北川は、自分のことをどう思っているのか。それを確かめるまでは、なんとしても死ぬわけにいかない。
 緒方自身の気持ちはどうだろうか。正直なところ、よくわからない。北川のことは好きだ。人柄はいいし、見た目も悪くないし、料理はうまいし、傷痕フェチにも理解を示してくれるし、キスも気持ち悪くなかった。
 ――気持ちよかった。
 まるでかすめるように触れて、すぐ離れていった唇の感触を思い出し、緒方は指を唇にあててみた。


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ブログ内検索

プロフィール

HN:
松浦巽
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
BL小説書き
Twitter◆natsu_matsu
pixiv◆3644536

最新コメント

P R

バーコード

Copyright ©  -- 松浦 巽◆お試し読み --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]