忍者ブログ

松浦 巽◆お試し読み

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

淫らで極上の恋に落ちて

短編小説。Hメイン。合意のSM。
pixivに別バージョンのお試し読みあり
片想いの相手に頼まれ、悠人はいやいや別の男と一夜をともにすることになった。その男は――。

*現在「どこでも読書」のみ配信。

▼お試し読み▼


「わかってるって。おまえ、俺に気があるんだろ?」
 悠人はぎくりとして体をこわばらせた。恐る恐る目を向けると、賢治が底意地の悪い笑みを浮かべて見つめていた。
「なんでそれを……」
「孝弘(たかひろ)にきいた。あいつ、友達思いだな。おまえとつきあってやってくれって、わざわざ言ってきたんだぜ?」
 ――あのバカ。
 悠人は内心舌打ちした。気のいいやつだが、デリカシーや機転というものに欠ける。そもそも自分は、賢治のことを好きだとは言ったが、つきあいたいとは一言も言っていない。
「こんどおまえのこと、好きなだけ抱いてやるよ。だから今回は俺の顔を立てると思って――な?」
「……ホントに?」
「ああ、ホントだ」
 嘘に決まっている。賢治はそういう男だ。調子のいいことを言って、みんなを食いものにしながら、でかい顔をしてのさばっている。
 わかってはいるが、それでも嫌いになれない。
「――いいよ、わかった」
 悠人は目を伏せて言った。
 抱いてやるという餌に釣られたわけではない。賢治の頼みを断われなかっただけだ。



 一目見て、悠人はほっとした。やくざとは系統が違うようだし、賢治の言ったとおりルックスはいい。
「俺は隆一。おまえは?」
 部屋に入って施錠すると、男はようやく口を開いた。
「……悠人」
「悠人か、よろしく。――シャワー浴びるか? 俺はさっきすませた」
 投げられたバスタオルを受け取って、悠人は示されたバスルームに入った。広いバスルームに圧倒されながら、そそくさと体を洗い、バスタオルを腰に巻いて外へ出る。
 ベッドルームもむやみに広かった。窓際にキングサイズのベッドがあり、枕元には酒類の載ったワゴンがある。まるで、しゃれたホテルの一室だ。
 こんなところに住めるというのは、大金持ちの御曹司か何かなのだろうか。



「痕が残らなきゃ、何をしてもいいって言われたぜ?」
 悠人はすぐには答えられなかった。賢治の軽薄な笑いが目に浮かぶ。
 何か言おうと口を開きかけたが、隆一のほうが早かった。
「おまえ、賢治にはめられたな?」
「――そうかも」
「なんて言われたんだ」
「だれか紹介してくれって、頼まれたとか」
「ありえねぇ」
 隆一は忌々しそうに舌打ちした。



 入口の方にざわめきが走り、賢治が入ってきたのがわかった。いつものように、取り巻きを数名引き連れている。
 賢治はすぐ悠人に気付き、媚びるような笑みを浮かべて近付いてきた。
「よう、悠人。こないだは悪かったな」
「そのことはもういいよ」
 賢治は悠人の耳元に顔を寄せ、周りに聞こえないように囁いた。
「抱いてやる時間はないけど、キスぐらいしてやろうか?」
「だから、それはもういいって」
 悠人は賢治をよけながら言った。


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ブログ内検索

プロフィール

HN:
松浦巽
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
BL小説書き
Twitter◆natsu_matsu
pixiv◆3644536

最新コメント

P R

バーコード

Copyright ©  -- 松浦 巽◆お試し読み --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]